組織の転換点を支える「コーチ型」組織開発

組織開発支援

社内に変革リーダーチームを形成し、彼らとの対話を通じて自立的な組織開発のプロセスをガイドする。コンサルテーションが終了した後に自走できる組織力を生み出す、コーチ型組織開発。

ピュア・エッジの組織開発支援は、「 コーチ型組織開発 」です。従来の組織開発「コンサルタント」のように、“どうすればよいのか?”の答えをご提供するものではありません。

ピュア・エッジは、組織のTOPリーダーや経営層・中堅・若手層の皆様が、自分自身、そして自組織の中にある答えを探求し、それに形を与えていくプロセスを支援する、「組織に対するコーチ」として関わります。

  • TOPリーダーをコーチしつつ、中堅・若手層から「変革リーダー」を募り、管理職向け研修も織り込みながら、TOPと管理職層と「変革リーダー」が一枚岩となって変革を推進していくプロセスに伴走いたします。
  • 基本的な枠組みとして、組織の発展段階の捉え方と、変革を司る上で重要なプロセスである「創造的混とん」の時期を、どのように過ごすのか?という考え方です。
  • ピュア・エッジが支援の手を引いた後も、逆戻りすることなく、組織が自走できる状態を目指して関わります。
  • 現状をよく精査して課題を特定した上で、TOPリーダーへの定期的なコーチング、経営コアチームのチームビルディング内の関係性強化や重要な会議に特化した会議ファシリテーション、次期組織リーダーにふさわしい人財を選抜したリーダーシップトレーニングなど、状況に合わせてカスタマイズした単年度の施策を積み上げていくこともあります。

クライアントボイス

スタッフ間の関係性もすこぶる良く、パフォーマンスは着実に上がっています。

当医療法人グループでは、木村さんをお招きして年一回の合宿とそのフォローセミナーを開催しています。木村さんのコンテンツはどれも、「人を比較して貶めない」「その人の独特性、完全性を見つめる」という姿勢で貫かれています。その結果、一人一人が自分の強みに気づいて自己承認し、他者の素晴らしさを承認しあう文化がうまれました。更に、昨年の合宿では、全員の総意である「集合意識」が言葉になった瞬間、大きな感動とともに組織のミッションを発見し、それ以降そのミッションに従って仕事を進めることができています。私たちの組織の中に眠っていた可能性が花開き始めたと感じています。

継続的にスタッフ研修をご依頼いただいている医療法人の理事長Wさん

ご相談フォーム

    *ご希望の内容(必須)

    *お名前(漢字)(必須)

    *お名前(ひらがな)(必須)

    *お勤め先(必須)

    *ご連絡先メールアドレス(必須)

    *ピュア・エッジの組織開発支援をどのようにお知りになりましたか?(必須)

    *お問い合わせ内容をお知らせください(必須)