企業概要

企業理念

人間への深い理解と洞察をもとに
自由で創造的な対話の場を提供し
自分と周囲への愛から発想して行動する

リーダーシップを培います

人間への深い理解と洞察をもとに
自由で創造的な対話の場を提供し
自分と周囲への愛から発想して行動する

リーダーシップを培います

会社概要

社名株式会社 ピュア・エッジ
設立2012年12月13日
事業内容・リーダーシップに関する教育
・コーチング(個人契約・法人契約)
・組織開発・エンプロイエンゲージメント等のコンサルテーション
・コーチングに関する教育
主要サービス
・リーダ―シップ・ダイバーシティ・ファシリテーション・マネジメント等に関する研修/ワークショップ
・女性活躍推進
・コーチング(エグゼクティブ向け・プロコーチ向け・個人向け)
・組織開発支援
代表取締役木村純子(きむらすみこ)
資本金300万円
所在地〒107-0062 東京都港区南青山二丁目2番15号ウィン青山942
取引銀行三菱東京UFJ銀行 田町支店

プロフィール

木村すみこ

Kimura Sumiko

  • 国際コーチング連盟認定マスターコーチ
  • 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
  • ギャラップ認定ストレングスコーチ

新卒で外資系広告代理店に入社。秘書からキャリアをスタートし、営業部門、戦略プランニング部門でマネージャーを務め、数多くの企業・製品ブランドの市場/消費者調査、新製品開発、ブランディング・広告戦略立案・キャンペーンの実施に携わり、国内外のプロジェクトを手がける。

‘01年に自己啓発のためにコーチングを学び始めたことがきっかけで、戦略プランニングの仕事をする傍ら、一人で社員教育部門を立ち上げ、‘04年、人材育成の功績で、全世界190余のオフィスで勤務する社員約20,000人中の傑出したリーダーとして表彰される。

‘05年、経営層の一員に抜擢され、グループ企業全体に関わる人事・教育・広報を統括する本部長となる。‘06年、総務も担当範囲に加えて、最年少・女性初の執行役員に就任。
バックオフィスを預かる変革リーダーとしてのミッションを担い、強い組織と企業ブランド価値の再構築に向け、CEO,CFOとの深い信頼関係のもとに統合的なアプローチで企業変革の推進とエンプロイー・エンゲージメントの強化に力を尽くす。

在職中‘03年より、会社の許可を得て社外にクライアントを持つプロコーチとしての活動を開始。自らがエグゼクティブとしてコーチングを受ける傍ら、社内の組織運営にコーチングスキルを活用し、更にプロのコーチとしてクライアントをサポートするという3つの経験を同時に行った稀有な体験を持つ。

キャリア転換を意図して2009年12月末退職。2010年よりフリーランスのエグゼクティブコーチ・ファシリテーター・研修講師として活動を開始。2012年12月に株式会社ピュア・エッジを設立。2015年9月より株式会社CHANCE for ONE 取締役。2016年秋より「人間理解を土台にしたコーチングスクールArt of Coaching」を開設。2019年より代表取締役。

木村すみこ

Kimura Sumiko

  • 国際コーチング連盟認定マスターコーチ
  • 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
  • ギャラップ認定ストレングスコーチ

メッセージ

Pure Edgeとは

あなたは、「エッジ」という単語にどんなイメージを持っていますか?

ナイフの鋭利な刃や、競合との差別化ポイントを想像する方も多いかもしれません。

ピュア・エッジは、人を傷つける危険なものでも、相対的に競い合うものでもありません。他者の評価にとらわれずただ自然にあるものですが、傍若無人な自己主張とは全く異質で、柔軟で調和的です。

ピュア・エッジの源は、個人が持って生まれた「本質」(気質や才能)。

誰とも比べられない、かけがえのないものです。

多様性のある環境とセルフリーダーシップが無ければ、Pure Edgeは磨かれない

多様性は、国籍・性別・年齢といった類型ではなく、すぐ隣の彼や彼女との間にあるものです。身近な「違い」にぶつかると、私たちは普通「闘うor 逃げる」の無意識的な反応で自分を守ろうとします。完璧さを目指してあがいたり、自分の存在証明にやっきになっているときには、あなたの能力や振舞いが自分自身や周囲を傷つける刃になるかもしれません。

一人一人が自分の特徴を伸びやかに表現し、なおかつそこに「違い」を尊ぶ友愛的な関係性があるのが理想ですが、その状態を自ら創り出そうという個人のセルフリーダーシップがなければ、理想は絵に描いた餅です。

自分を知るには、自分とは異質なものとの出会いが必須です。

日々目の前に現れる違いや対立、自分の中の違和感と丁寧に向き合うことによって、自他への理解という愛の力を培い、自分を満たしながら周囲に貢献できるピュア・エッジを育てることができます。

個人と、チームと、法人と関わる

個人にその人ならではの本質があるように、チームにも、法人にも、固有の本質があります。

益々厳しさを増すビジネス環境下、表層的な関係性でバラバラに動く個人の集合体は脆弱ですが、友愛の風土のもとで共通の目標に向かって多様性を活かしあえるチームや企業は、エネルギーと創造性に満ちています。

私たちは、個人のピュア・エッジを育て、多様なピュア・エッジがコラボレートするダイバーシティ環境を築こうとする個人、チーム、法人と真摯に向き合いサポートします。